ウェルカムボードのデザインと設置場所について

結婚式ではウェルカムボードをよくみかけることがあります。ウェルカムボードはいろいろな形で飾られていますが、イーゼルに立てかけてあるものや写真立てのようなものを利用しているものもあります。ウェルカムボードはいろいろな素材で作成できるものでもあります。なので、新郎新婦のイメージするものを作ることも案外できやすいこともあります。

たとえば、素材によってはデザインができるものとできないものなどがありますが、そこをフォローするのが花や葉などの装飾です。装飾を工夫することで、まったくイメージの違うものにすることもできますし、自分たちのイメージにあったものを集めておくといいです。

コルクボードや黒板調のボードの場合、枠やボードそのものに装飾をつけることが可能なので、華やかにしやすいといえます。ですが、華やかにしすぎてしまうと設置場所によってはボードを置くことが出来ないという可能性もあるのです。

イーゼルなどに立てかける場合はデザインによって装飾の位置を考える必要があります。テーブルやイスなどに置く場合は設置する場所によってイメージを変えるようにしたほうが結婚式のイメージにあわせやすいのです。

花や葉、小物類で飾りつけるときには、その素材をきちんとはじめから考えて用意しておくとアレンジもしやすいですし、飾りつけもどのようにするといいのかがわかりやすいです。大人っぽいものにするのか、それとも華やかなものにするのか、シンプルなものがいいのか、という希望によって、飾るものも違ってきますし、デザインを考える必要があります。

設置場所は結婚式の場合は受付、レストランなどで二次会をするときには入り口に飾ってくれることもあります。なので、まずはどんな場所に飾るのかを知っておくこと、そして新郎新婦の好みのものを作ると喜ばれるということです。

また、新郎新婦の二人で用意する場合は早めに準備しておく必要があります。やらなければいけないことがたくさんあるので、設置する場所のことも考えて決めるといいです。

イーゼルにデザインがある場合もどのような装飾をすればゲストに喜んでもらえるかを考える必要が高くなります。ウェルカムボードをお願いされたとき、また自分たちで用意するときには、きちんと準備と手順を決めておくと結婚式のイメージにあったものを作りやすいといいます。

出来上がったウェルカムボードをまずは設置することに決めた場所に置いてみる、というのもいいということです。ゲストの方の目に付きやすいように、受付の台や少し高めのイスのようなものの上においても素敵です。

archive

archive

archive

archive